見積りを依頼する

引越しに必要な手続きは多岐にわたります。
市町村の転出転入届を始め、電気ガス水道などのライフラインはもちろん、インターネット回線など現在では数多くのサービスに転居の場合手続きが必要です。
それでは引越しに伴う手続きを確認していきましょう。
役所だけでも、市町村の転出転入届、印鑑証明の抹消と取り直し、住基カードの情報変更が必要です。
そして電気ガス水道の停止開通、インターネット回線の停止や工事開通、固定電話回線の番号変更、そして数多くの住所変更です。
銀行、カード会社、レンタルショップやスポーツクラブ、ネットショップをはじめ各種登録内容を直さねばなりません。
昨今、個人情報や住所の登録の機会は多いので変更の手間は大変なものになります。

役所関連は引越し前後に実際に行って手続きするしかありませんが、今はライフラインの停止開通ならインターネットで簡単に引越しの日程に合わせ手続きすることが出来ますし、銀行もインターネットバンキング対応であれば、パソコンやスマートフォンから住所変更が行える場合もありますので活用されると良いでしょう。
コールセンターで対応してもらえるものは、変更を口頭で伝えるのが手間がかからず安心です。
一番根気が要るのはインターネットで会員登録をしている各種サイトになります。
コールセンターを設けておらず、ウェブ上の会員登録の変更フォームからしか変更出来ないサイトも残念ながら多いのが現実です。
とはいえネット店舗で商品を購入する度、住所などを登録しますので最初のサイト登録の段階でよく利用するネットショップと、そうでないものを区別し住所変更の必要があるか否かの判断の下、登録アドレスを振り分けるなどの対応をしておくと必要最低限の変更先がわかり便利です。